大田区 石川台駅・雪が谷大塚駅近くの内科・糖尿病内科

東急池上線『石川台駅』改札からすぐ
東京都大田区東雪谷2-25-12

☎: 03-3726-0660

クリニック案内

『石川台駅』改札から右手を見ると当院がございます。雪が谷大塚駅、洗足池駅からも一駅でお越しいただけます。

やすだ内科クリニック地図
医院名
やすだ内科クリニック
院長
安田 大二郎
診療科目
内科、糖尿病内科
住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷2-25-12

電話番号
03-3726-0660

大田区ドクターズに掲載されました

初診受付サービス
新型コロナウイルスの感染症対策を徹底

脂質異常症

 動脈硬化を引き起こす危険因子の代表格です。脂は「あぶら」と読みます。脂は固形の「あぶら」に用いられ、液体の「あぶら」には油を用います。肉の脂と植物油を考えると分かりやすいかもしれません。脂質異常症は字の通り固形の脂が血液中に増える疾患で、血液中のLDLコレステロール(悪玉)値や中性脂肪値が上昇している状態を指します。以前は高脂血症と呼ばれていましたがHDLコレステロール(善玉)が低下していることも問題とされ、脂質異常症という呼び方に変更されました。初期には自覚症状はありませんが、動脈硬化が原因で生じる心血管疾患(狭心症、心筋梗塞など)が日常生活の質を大幅に低下させる恐れがあります。下記に当てはまる方は当クリニックに御相談下さい。

・健康診断でLDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪のいずれか又は重複して異常値を指摘された。

・他の生活習慣病(糖尿病、高血圧、高尿酸血症など)に罹患している。

・メタボリックシンドロームと診断された。

・家族に脂質異常症の方がいて自分も心配である。

・近親者で心血管疾患を生じた人がいる。

脂質は水分に溶けにくい性質のため、血液中ではリポ蛋白という形で存在しています。このリポ蛋白の構成の違いによって、カイロミクロン、VLDLLDL(悪玉コレステロール)、HDL(善玉コレステロール)などに分類されます。コレステロールは栄養素ではありませんが、身体にとって様々な細胞の壁やホルモンの材料になる大切な物質です。しかし、増え過ぎると血管の壁に付着してプラーク形成の原因となります。中性脂肪は身体のエネルギーになる栄養素ですが、過剰に摂りすぎると脂肪細胞を形成し、内臓脂肪を増やす原因となります。また、中性脂肪が高い状態が続くと、膵炎を生じる恐れがあるので注意が必要です。

やすだ内科クリニックでは...

・経験豊富な動脈硬化専門医の資格を有する院長が診察します。

・一人ひとりに、生活に合わせた適切な対応をさせていただきます。

・総コレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪、LDLコレステロール値(Friedewald法)の迅速検査が可能です。